前回の話
👇


登場人物相関図【epⅠ・Ⅱ】
スクリーンショット (69)
【epⅡ32話】シカトされハブられた話
伝わってねー
epⅡ32話1-5

epⅡ32話2-5

epⅡ32話3-5

epⅡ32話4-5

epⅡ32話5-7

epⅡ32話6-5

epⅡ32話7-2

epⅡ32話8-2

epⅡ32話9-3
自分の気持ちをちゃんと伝えた…


が、この通り…


そこに
「悪いことをしたな」
っていう気持ちがないことがわかる…


「めんどくさい」
「とりあえず謝る」
「悪くない」
「終わりにしたい」


って気持ちもわかる。


謝りたくないって言い訳なんだろうか?


自分が悪くなくても
謝らないといけないことは、
大人になるにつれて増えてくるけど、


子どもの頃からの積み重ねが
そうさせてるのかもしれない。


事を荒げないように穏便に済ませる。


暮らしてく為には
必要なことなのかも。


けど…


そこに本当の意味で、気持ちはあるのかな?



私は気持ちのない
謝罪なんていらないかな~…






これで話し合いは終わりました。


この後、ゆうちゃんは別グループにいき、
卒業まで一緒にいることはありませんでした。

同じクラスということもあり、
アミちゃん、つばさちゃんには
会えば声をかけていましたが、

私を見かけたら
空気のように相手からいなくなる
といった関係で終わりました。



あのとき
謝罪をしなかったことは
正しかったな~と日々感じていました。


印象に残っているエピソードの一つでした。
ゆうちゃん
初期の頃と大分
絵のタッチが変わりました(・ω・)ノ



絵を描くのが、
それこそ学生ぶりで、

当時は、アナログでしたので
デジタルは苦手というか、
全然、使いこなせなかったです。

今もですが(・ω・)


引き続き、
慣れないデジタルで
頑張って描いていきます(・ω・)


続きはこちら
👇

epⅡの1話はこちら
👇
はじめから読む
epⅠの1話はこちら
👇

読者登録すると、ご利用のLINEにブログの更新が通知されます。
(下の画像をクリックで登録出来ます↓)
是非LINEの読者登録お願いします 
読者登録