【epⅢ1話】はじめから読む👇

前回の話👇
【epⅢ 話】搾取される側をやめるまで
只事じゃないぞ…

epⅢ31話1-5

epⅢ31話2-5

epⅢ31話3-7

epⅢ31話4-5

epⅢ31話5-3

じゅりちゃんは基本悩みを相談しない(ё)

いつも終わって、
自分の口から言えるくらいになるまでは
話さない。

軽い愚痴や悩みは話すんだけど、
重い内容になればなるほど
その期間は長くなり…
じゅりちゃんが人に話すまでには
何年も掛かることもあった。

私はその期間
知らずに過ごしていた事を
『気づかずゴメン』と思った。

それと同時に、

知らせずにいてくれたじゅりちゃんを
『大人だな、凄いな』と尊敬していた。


悩みは人に話すことで自分は軽くはなるけど、
代わりに相手に『重さ』
を背負わす事になんだよな。


そんな事を
気付かせてくれた子でした。


そんなじゅりちゃんが
『一生のお願い』と連絡をしてきた。


『只事ではない‼』


そう直感した…


『ミキさんのとこに
一緒に来てください』


なんだとぉ!!!!!!!


というか…なんで…敬語…⁉


あたし…あたし…今日で
オワルんか(^ω^)!!?!


続きはこちら👇

🍳是非LINEの読者登録お願いします🍳
更新通知を受け取る
読者登録すると、ご利用のLINEにブログの更新が通知されます。
(👆上の画像をクリックで登録出来ます👆)

epⅠイジメみたいなイジリにあった話👇
イジメみたいなイジリにあった話
epⅡシカトされハブられた話👇
背景